日本の配達産業を救え!再配達しない努力の効果を紹介

再配達を減らす為の対策

日本の宅配サービスが成り立っている理由

日本には、様々な物流産業の会社が存在しますが、一般の家庭でも有名なのが、日本郵便とヤマト運輸、佐川急便の3社と言われています。
これらの会社は、皆さんももちろんご存知だと思いますが、郵便や宅急便などの配達物は、どのくらいあるか知っていますか?
時期や地域によっても異なりますが、都内では1ドライバーが、1日平均150~200個を担当し、配達しています。
これは、単純にドライバー不足というだけでなく、配達物の増加が主な要因と言えそうです。
インターネットの普及により、最近ではインターネット通販の大手サイトであるAmazonや楽天などをはじめ、多くのオンラインショップが売り上げを伸ばしている背景には、自宅や外出先でもネットから欲しい物を検索して注文できることや、商品のお届けも翌日など早いことから、利便性を感じて利用している方が多いようです。
しかし、これらの商品を配達するのは、各配達業者になるため、インターネット購入の利用者が増えるほど、配達物も多くなり、ドライバーの負担は多くなるいっぽうです。
これらは、時代の流れと共に益々増加傾向にあります。
多くの店が、実際に店舗を持たず、ネットだけの販売をはじめたところもあるほど、今やネット購入の比重が高く、お店側としても店舗費用が払えず、維持することが難しいことから、ネット販売重視にする傾向もあります。
販売店としても消費者としてもメリットがあるインターネット通販ですが、やはりこれは配達産業なくしては成り立ちません。
しかし、宅配サービスには、増える荷物の数に加え、ドライバー不足や再配達の増加に伴う従業員の過労など、まだまだ問題も多くあるのが現状です。